Google

Yahoo! JAPAN



サイト売買 リンク集

サイト売買(サイトM&A)は、専業のビジネスとして始まったのが最近(2005年頃)のため、その定義などについては発展途上の業界である。しかしながら、昨今、ウェブサイトが事業価値・資産価値として認知されつつある背景もあり、ウェブへのビジネスシフトが進むなど急速に変化する社会環境・経営環境に迅速に対応するための有効な手段として注目されている。また、報道番組[1]でサイト売買に関する特集が放映されるなど、次第に各種マスコミで取り上げられるようになり一般にも周知されるようになった。 ウェブサイトの価値判断の基準としては、収益性、アクセス数、会員数、(検索サイトでの)検索結果やページランク、アクセスに適したドメイン名(基本的に「早い者勝ち」で登録される)など様々である。このような良質のウェブサイトを最初から立ち上げるコストと時間を考慮した場合、既存のウェブサイトを買収したほうが合理的と考える買い手と、様々な理由により自身のウェブサイトを売却したいというサイトオーナーが存在することで、サイト売買が成立する。 無形の資産であるサイトの売買は、売り手と買い手双方の希望条件の調整、査定、契約など各段階において専門知識やスキルが必要となる。特に、商業サイトの売買では、事業譲渡(営業譲渡)と同様に契約において競業避止・譲渡物の確定などの複雑で高度な法律知識が求められることもあり、売買仲介業者が存在する。

サイト売買の代表的な例として、日本では楽天が旅の窓口を買収した例、オンザエッジがライブドアを買収した例などがあり、日本以外ではGoogleがYouTubeを買収した例などがあるが、最近のサイト売買はそのような大規模買収ばかりではない。 日本では2003年、日本政策投資銀行がポータルサイトを担保に融資を実行し、ウェブサイトが担保となる初めてのケースとなった。また、2007年には、日本政策投資銀行ほか6行によりサイトを担保とした総額30億円の協調融資が行われるなど、ウェブサイトを資産として評価する動きになってきている。 サイト売買の仲介業者は、日本国内では2005年から現れているが、個人ウェブサイトや小規模のウェブサイトを扱う「サイトキャッチャー」や、法人向けや大規模なウェブサイトを扱う「サイトM&A」(GMOインターネット)が存在している。また、近年は市場の拡大とともに売買業者も増加している。サイト売買のサイトは増加しているが、サイト売買業者は、サイト売買のプロの担当者が取引や交渉に同席し、すべてのサイト売買取引の間に入ってくれる「サイト売買仲介業者」と、サイト上に売りサイトを載せて電話対応レベルの仲介をする「サイト売買情報提供業者」との二通りに分かれる傾向にある。一見参入障壁が低そうな業界なので後者はブローカー的個人商店やSOHOが参入している。また、当該市場の健全・公正な発展に資するため、取引環境を整備・育成しようとする動きも始まっており、2007年末にサイト売買仲介ビジネスや査定方法の標準化を目的とした日本サイト売買協会という、日本初のサイト売買業界団体が設立されたり、サイトM&Aプロフェッショナル養成の講座やセミナーなども開かれたりしている。

* 「サイトキャッチャー」は株式会社メディアネットが運営していたが、株式会社フルスピード(証券コード2159)という上場企業に買収された。 * 「サイトM&A公式サイト」は株式会社バトラァーズが運営していたが、GMOインターネット株式会社(証券コード9449)に買収された。 * デジタルハリウッド大学院や株式会社プロジェクトニッポン(経済産業省後援の起業家創出団体)の「ドリームゲート」は、「サイトM&A.JP」と提携し、サイト売買事業者を希望する受講者向けの講座を実施していた。 * サイト売買ビジネスは一見、参入障壁が低そうに見える[要出典]こともあり、サイト売買事業者は増加しているが、実際に利益を計上するのは難しいと言われている。実際に利益を出しているサイト売買会社は、以下のような条件と思われる。[要出典] 1. 仲介手数料を高めに設定し収益性を確保している。  2. 売却希望のウェブサイト収集力がある。 3. 買い手側の顧客への人的ネットワークや営業力。 4. サイト売買以外のビジネスがその企業の主たる収益源であること。 * 日本ブランド戦略研究所が、企業のブランド価値という観点で企業のWebサイトの価格を発表している。 * サイト売買業者は大きく二分化されて、人的に売買交渉を調整・仲介してくれるサイト売買業者であるサイトM&A公式サイトと売り手と買い手が直接売買交渉をするサイトキャッチャーがある。大型や企業が関わるサイト売買は前者、個人向けや小型のサイト売買は後者という流れになってきている。 * 地方の都道府県でもサイト売買会社が新たに出てきて、今後はエリアごと特化したサイト売買会社が存在することが考えられる。 * サイト売買の仲介業は典型的な「労働集約型」ビジネス(企業のM&Aの仲介やアドバイザリーも同様)のため、きっちりと仲介をしようとした場合は、一人のサイト売買仲介の担当者が担当できる件数に限界がある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2010 サイト売買 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4